輝泉北九州くさみ温泉 - 北九州市小倉南区の日帰り温泉

北九州市小倉南区朽網の日帰り温泉施設「輝泉北九州くさみ温泉」公式サイト。ナトリウム・カルシウム・マグネシウムを主成分とする
塩化物泉(高張泉)、北九州空港と曽根の中間に位置する国道10線沿いにて、皆様の癒しと健康のお手伝いをいたしております。

北九州市小倉南区の日帰り温泉 - 古代の海水で塩分濃度が高い北九州市では一件しかない日帰り温泉。一般的な温泉の約10倍の塩分濃度で切り傷や疲労回復、冷え性、デトックス、皮膚病でお悩みの方が多くご来館されています。

古代の海の温泉

当温泉は「高張性温泉(高張泉)」と呼ばれる日本でも数の少ない珍しい温泉です。

温泉と言うと火山地帯で地下水が温められたものを想像しますが、高張性温泉は太古の海が地下に閉じ込められ、豊かな海の成分が数千年もの長い年月をかけてぎゅっと濃縮されたものと言われています。
別名「化石海水」とも呼ばれます。

元は海水ですから塩分濃度が高く、塩っぱい温泉です。※保険所の指導により飲むことは認められていません

成分が濃く、体に浸透やすい

浴槽には塩が付いています

高張性温泉は一般的な温泉(低張性)と比べてお湯に溶け込んでいる成分量が多く、人の細胞液よりも濃度が濃い温泉です。そのため、浸透圧と呼ばれる「同じ濃度になろうとする力」が働き、濃い方(温泉)から薄い方(人体)に成分が移動しようとします。

成分が体に入りやすいということは、逆に入りすぎると湯あたりを起こしやすいということにもなります。例えば良い薬でも飲みすぎると逆効果というのと同じようなもの。

しっかりと水分補給をして、慣れないうちは湯船に浸かるのも短い時間で済ませ、体と相談しながら温泉を楽しんでください。

温泉の定義の一つとして、お湯の中に溶けている温泉成分(溶存物質)が1kgあたり1g以上溶けているのが温泉とされています。その中でも「高張性温泉(高張泉)」に分類されるのは10g/kg以上とされていますが、当温泉は溶存物質が24g/kgも含まれており、とっても濃い温泉であることがわかると思います。

男湯/女湯の内湯・露天風呂の紹介

入浴料

輝泉北九州くさみ温泉の効能

主に、皮膚病・切り傷・冷え性など

温泉に含まれる塩分の殺菌効果から、アトピー性皮膚炎などの慢性的な皮膚病や、切り傷などの外傷にも効果が期待できます。さらに、温泉成分が膜を張るように肌に付着するため、保温効果が高められ入浴後も体がポカポカと暖かく、冷え性や疲労回復にも効果が期待できます。また、その保温効果からとても汗をかきやすいため、汗と一緒に体の中の老廃物や毒素なども一緒に排出されるデトックス効果も期待できます。

古代の海水で塩分濃度が高い北九州市では一件しかない日帰り温泉。一般的な温泉の約10倍の塩分濃度で切り傷や疲労回復、冷え性、デトックス、皮膚病でお悩みの方が多くご来館されています。

禁忌症 - このような症状のある方は入浴をお控えください

急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、そのほか一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

お客様の声

くさみ温泉の入り方

よくあるご質問

お湯がとても塩辛いのだけど何故?
何万年もの前の凝縮された古代の海の水を汲み上げて温泉に使っているからです。
どのような症状に効き目があるの?
塩分の殺菌作用により、アトピー・すり傷・切り傷などの皮膚病にも効果があります。
温泉に入浴してお風呂から出るときは、身体を水で洗い流さないほうが良いのでしょうか?
温泉成分が肌に付着しているため、温泉による効能効果のためにもなるべくそのままでお上がりください。
レジオネラ菌対策はどのようにされていますか?
温泉水の循環経路において、塩素を薬注機で機械的に注入し『遊離残留塩素』を0.4mg/ℓ以上に保つようにしています。(保健所の指導)
何故ここに温泉が出るって分ったの?
ここに温泉が出たらいいなって思って、地中深く電波探査をおこなって『温泉がでる可能性がある』ということで、温泉掘削を開始しまし温泉が出ました。
温泉の色が時々違うのは何故?
浴槽に入浴されている人数によって、投入してあるお風呂の塩素が増減し、温泉成分のマグネシュームやカルシュームと反応して色が変わります。

施設紹介

輝泉北九州くさみ温泉物語

輝泉北九州くさみ温泉社長 馬場英輝

この度はくさみ温泉のサイトにお越しくださいましてありがとうございます。輝泉北九州くさみ温泉社長 馬場英輝と申します。

当温泉は、私の父である馬場義輝が、幼少の頃から大変お世話になったご近所様への恩返しと、地域の皆様の憩いの場を作りたいとの想いから誕生しました。

幼少のころの父の家はとても貧しく、家にお風呂を持つことができませんでした。そのため、七軒のご近所様のご好意で「もらい風呂」をさせていただいておりました。その後成長した父は、祖父と共に「馬場工務店」を立ち上げ、地元の皆様の住宅を中心として、長年建築業に従事してまいりました。

きっかけは、ご近所様への恩返し

父・馬場義輝と掘削作業

生活にもゆとりができ、幼少の頃より大変お世話になってきた七軒のご近所様をはじめ、地元の皆様に何とか恩返しをしたいと、1999年より朽網の馬場工務店敷地で温泉の掘削を開始しました。

掘削作業は難航を極めました。
地下90メートル以降、墓石などに使われる「御影石」の硬い岩盤層を掘り続けることとなりました。途中700メートルの地点で一度温泉を掘り当てましたが、湯量が少なかったため更にそのまま掘り続け、2001年10月26日、掘削開始から実に2年の歳月をかけて、地下960メートルの地点で「化石海水」とも呼ばれる高張性温泉を掘り当てました。

父の想い・馬場工務店の意志

温泉が出たとなれば、あとは地元の皆様にくつろいでいただく場を作り上げることだけ。しかし、生来の凝り性からか想いの強さからか、2002年に着工し4年余りの歳月を費やし、2006年に当館が完成・営業開始となりました。

現在父は引退し、息子である私が社長を務めさせていただいております。父の想い・馬場工務店の意志を継ぎ、この施設が地元の皆様の憩いの場となり、一人でも多くの元気と笑顔につながることが私の目標です。

是非みなさま、輝泉北九州くさみ温泉にお越しくださいませ。

くさみ温泉へのアクセス